夏の冷え対策

7月に入りいよいよ夏本番。楽しいことが盛り沢山の夏ですが、
気温も湿度も高く、ムシムシとして体力を奪われがちですよね。

暑いからといってエアコンの効いた室内で、
冷たい物をたくさん飲んだり食べたりしていませんか?

実は夏だからこそ「冷え」に注意した方が良いのです。
薄着をして、エアコンの涼しい風にあたり、冷たいものを飲んだり食べたりすることで
夏の身体は冷え切っています。

もちろん気温の高い屋外では熱中症対策に気をつけないといけませんが
必要以上に身体を冷やしすぎていませんか?
夏の汗は身体のデトックスの役目があると言われています。

今回は夏の冷え対策として、ちょっとの工夫で夏を乗り切るアドバイスのお話です。
 


 
natsunosora

夏の身体について

毎日暑い日が続いてもう夏バテ気味・・・なんて方もいらっしゃると思います。
しかし女性の身体は男性と比べると筋肉量が少なく、脂肪が多いので、
冷えやすくなっています。

筋肉はごはんを食べたときのエネルギーを燃焼することで体温を維持してくれますが、
脂肪は熱をつくる力はないので一度冷えてしまうとどんどん身体を冷やしていきます。

実際に、暑いと感じる日に、脂肪の多い部分、二の腕や、太ももの外側、お尻などを
触ってみてください。手の温度より冷たく感じませんか?
自分でも気づかないうちに、身体は冷えているのです。

また脂肪の少ない部分ですが足首も触ってみてください。
足は身体の下にあるのでどうしても血行が悪くなりがちです。
血行が悪いとさらに身体全体を冷やしてしまいます。

では身体が冷えているとどのようなトラブルがあるのでしょうか。
 


 
suika

身体が冷えることで起きるトラブル

身体が冷えることで血行が悪くなり、自律神経が乱れてきます。
自律神経が乱れると、イライラしやすくなったり、感情がコントロールできなくなります。
生理不順、生理痛が重くなるなど、女性特有のトラブルも出てきます。

また冷たい物のとりすぎで胃腸の機能も低下し、消化不良やお腹を下してしまうことも考えられます。
胃腸の機能が低下しているので、食べ物の栄養をしっかり消化吸収できなくなり、
さらに体調不良を招く恐れもあります。

免疫力や抵抗力も落ちるので、風邪をひきやすくなったり、ウイルス感染を起こしたりもします。

夏は気温も湿度も高いので、風邪やウイルスなんて大丈夫!と思われがちですが、
夏に風邪をひく要因としてこんなことがあったのですね。
 


 
IMG_8999

身体を冷やさないためには

身体を冷やさないためには身体を温めることが大切です。
そのためには血行を良くすることです。血行を良くするためには気温の高くない朝や夕方に散歩をして
有酸素運動をすることがおすすめです。小さいお子様がいてなかなか外出できない方は
お家でストレッチをするのもいいでしょう。
肩の周りを回して肩こりを予防したり、身体を仰向けに寝た状態で足を天井に向けて上げ、
ぶらぶらすると足のむくみも少しすっきりしますよ。
また、ハンドマッサージやお風呂上がりに足首からふくらはぎへ、下から上へ血流を流すようなイメージで
マッサージすると翌朝の下半身が軽くなりますよ。

暑いからといってシャワーで済ませず、しっかりと湯船に浸かることで血行が良くなり、
肩こりや腰痛などにも効果的です。
入浴後は出来るだけ早く靴下を履きましょう。三陰交(冷え性に効くツボ)が隠れるくらいの
長い靴下やレッグウォーマーなどがおすすめです。

また身体の内側から冷やさないようにすることもできます。
次は、夏だからこそ気をつけた方が良い「食事」についてお話します。


 
IMG_5176

内側から冷え対策

暑いとついつい冷たい飲み物や食べ物を摂取しがちですよね。
先ほども述べましたように冷たいものを摂取することで胃腸の機能が低下するのと同時に、
胃は身体の中心にあるので、身体全体を冷やしてしまいます。
また、心臓にも近いので冷えた血液を身体全体に送ってしまうことにもなります。

飲み物は常温のお水や、身体を温める効果のある三年番茶がおすすめです。
また、精製された白いお砂糖が入っているものやカフェインの強いもの、乳製品などは
身体を冷やす作用が強いので控え目にしましょう。
どうしても食べたいときは日中、ランチのあとがおすすめです。

生野菜や果物のおいしい季節ではありますが、とりすぎは身体を冷やしてしますので、
食事の初めに味噌汁やスープなどで胃腸を温めから食べると良いでしょう。
温めてあげることで、胃腸の機能も活発になり、消化も良くなります。

また、消化のしにくい油の多いお肉類よりお魚を食べるようにしたり、
根菜などの料理を心がけると夏でも冷えを予防できます。


このように、少しの工夫で身体を冷えを防ぎ、内側から温めることで身体の代謝も上がり
夏バテしにくくなります。夏は汗をかきやすいですが、身体の老廃物を排出するデトックスと捉え、
その分しっかりと水分補給をして夏バテを予防しましょう。


2016.7.15 きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne